読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

棘間靱帯炎

サッカーとオタク。

【サッカー】岡崎慎司という男――スタジアムに行こう!

サッカー

岡崎慎司選手、日本代表100試合目おめでとうございます

本日のシリア戦で、岡崎慎司選手が日本代表での100試合目を迎えました。

史上5人目だそうです。

おめでとうございます。

通算48ゴール、紛れもなく日本代表史上最高のFWのひとりです。

岡崎のプロ人生は、僕のサッカー観戦史でもあります。

今日はそんな岡崎と、スタジアムでしか見られない試合前練習の話。

 

ジュニーニョ・パウリスタという衝撃――ミドルズブラFC

僕が「考えて」サッカーを見るようになったのは、JSPORTSを契約して、03/04シーズンのカーリングカップ決勝、ミドルズブラvs.ボルトン・ワンダラーズの試合を観たことがきっかけでした。

www.youtube.com

プレミアリーグの試合を観たことがある人ならお分かりかもしれませんが、かのリーグは「映像で魅せる」ことに尋常ならざるリソースを割いています。

ピッチに近く、まるで倍速映像を見ているかのようなカメラワーク、男たちの野太い声を遠慮なく拾うマイク、オンプレーを邪魔しないリプレー映像……。

当時の僕は、まったく違う星のサッカーを観たかのようなショックを受けました。

特に強く記憶に残っているのは、大男たちの中、キレだけでボルトン守備陣を切り裂くブラジル人、ジュニーニョ・パウリスタという選手のことでした。

 

それから、JSPORTSでプレミアの試合を貪るように観ました。

その年のプレミアは、アーセナルが無敗優勝をなしとげたシーズンです。

くしくもその年は、現在岡崎が所属するレスター・シティがプレミアから降格した年でもあります。

 

イスタンブールの奇跡

翌年の04/05シーズン、ミドルズブラと並んでいまも応援しているチェルシーがリーグ優勝を達成。ミドルズブラはプレミア発足以降最高となる7位でシーズンを終えました。

そして、ミドルズブラは05/06シーズンに当時のUEFAカップで「ミラクル・ボロ」と呼ばれる(呼ばれてたと思うんだけど、ソースがない……)大逆転に次ぐ大逆転の快進撃を見せるわけですが、それはさておき。

04/05シーズンといえば、なんといっても「イスタンブールの奇跡」でしょう。

イスタンブールで開催されたチャンピオンズリーグ決勝で、リバプールACミランに0-3から追いつき、PK戦で優勝してしまった試合です。

www.youtube.com

あまりの興奮に、復活したトヨタカップ決勝のチケットを勢いで予約。

まあ、結果からいうと負けたんですが。リバプール

それでも、僕にとっては忘れられない光景があるのです。

 

スティーブン・ジェラードの右足

会場は「横酷」と呼ばれる横浜国際でしたが、僕の席はめちゃめちゃいい席でした。

記憶によると、下の図でいうところのW12のらへん。

f:id:Seclair:20160329204522j:plain

僕らの前では、リバプールの選手たちが試合前の練習をしていました。

ただ漫然と見ているうちに練習は終わってしまったのですが、最後にひとり、残ってシュート練習をする選手がいました。

それが、スティーブン・ジェラード。偉大なるリバプールのキャプテンです。

www.youtube.com

彼のシュート練習の光景を見て、僕は初めてプレミアを見た時以上の衝撃を受けました。

ペナルティエリアの少し外から、シュート5本くらいだったでしょうか。

その5本が、すべてゴールの左上の同じ場所に、弾丸のように吸い込まれていったのです。

一発ごとにスタジアム中にどよめきが起きていたので、当時あの場所にいた人は覚えているのではないでしょうか。

ジェラードはその後、仕上げとばかりにシュートを「狙って」クロスバーに当て、拍手をする観客に左手をあげて引き上げていきました。

ミドルシュートは「このへん」と決めて力一杯に蹴るもの、と考えていた僕の前に、いくらノープレッシャーとはいえ、ミドルを「狙って」「同じ場所に」「凄まじい速度で」撃ち込める選手がいるという現実が広がっていたのです。

 

当時、Jリーグの試合を見に行くことがありましたが、試合前練習というのは体をほぐし、ボールの感触に慣れるものだと思っていました(もちろん国内外問わずそういう目的で試合前の練習をする選手もいるんでしょうけどね)。

ドフリーで上げるクロスなのに合わなかったり、万全の体勢でシュートを打ったのに明後日の方向へ飛んでいったりするわけです。

それが寸分違わぬ位置に五連発です。

いままで俺が見てたミドルはなんだったんでしょうって感じです。

f:id:Seclair:20160329212340j:plain

 

 

まあ、試合は負けたんですが。リバプール0-1サンパウロ

 

岡崎慎司という男

というわけで、僕は試合前練習を見るのが大好きになりました。

贔屓にしているエスパルスの試合も、キックオフ一時間前には日本平に着いて、試合前練習をじっと見ていたのを思い出します。

まあ、当初はたまーにいいクロスを上げる市川とか、長谷川健太が筑波から連れてきた藤本のテクい左足とかを見て楽しんでいたのですが、

ある時、「おっ」と思う練習をしている選手がいました。

 

その選手が、何を隠そう、岡崎慎司選手です。

 

彼のシュート練習は独特でした。他の選手がボールの感触を確かめるためにシュート練習をしているのに対し、彼は、常に目の前に、あるいは背中にDFが迫ってきている状況を想定しているかのようにシュートを打っていたのです。

ちょんと持ち出して、崩れた体勢から無理矢理シュート。

ワンタッチで反転して、つま先で当てるだけのシュート。

ワンフェイク入れてのシュート。タイミングをズラしてのシュート。

とにかく、万全の体勢で、ゆっくり時間を作って打ったシュートは1本もありませんでした。

 

静岡新聞だったかマッチデープログラムだったか忘れたのですが、当時岡崎が意識を変えたきっかけについて、「毎日プレミアリーグを見てイメージを膨らませている」と言っていたのを覚えています。

たしかに岡崎の試合前練習は、あの日僕が見たジュニーニョ・パウリスタの体の使い方を彷彿とさせるものでした。

 

その後、彼はそのプレミアリーグに移籍し、リーグ史上最大のドラマの役者のひとりとして活躍していることは、みなさんご存知の通りでしょう。

きっと当時から、彼はプレミアで通用するFWになろうと思って練習していたんだと思います。

日本屈指の成長曲線を描いたストライカーは、試合前の練習から、その片鱗を見せていたのです。

 

――という、古参気取りの話でした。

ぶっちゃけ04年からサッカーまともに見始めたなんてぜんぜん古参じゃないんですがね!

 

みなさんもぜひJリーグを見て、スタジアムに行って、少し高い位置から試合前の練習を眺めてみてください。

第二、第三の岡崎慎司がそこにいるかもしれませんよ!

(残念ながら、いまのエスパルスには試合前練習の時点で「違い」を感じる選手はいませんけどね!!)